株式会社ALBERT(アルベルト)採用サイト

システムソリューション部 部長

TOP > スタッフ紹介 > システムソリューション部 部長

入社前の経歴について教えてください。

ソフトハウスでパッケージ開発、受託開発事業に携わり、プロジェクトマネージャー、プリセールスに従事していました。

40名程度のソフトハウスでパッケージ開発やSI系受託案件を行なう部署を任され、部の規模は今と同じくらいでしたが、案件の規模やクライアントの業種、開発するシステムは様々で、わりとなんでもやる感じでした。

ALBERTに入社したきっかけを教えてください。

広告代理店と共同でのEC、CRM、BIをセットにしたパッケージ開発事業に長く携わっていたのですが、システムの導入効果やマーケティング施策の効果によってクライアントが成長していくのを実感することで、業務系のシステム導入にはない充実感やナレッジを得ることができ、コスト削減ではなく利益を生むシステムに携わりたいと思うようになりました。そんなときにそういった分野に特化している企業としてALBERTを見つけたのがきっかけです。

現在はどんな仕事をしていますか?

新規提案のプリセールス、提携ベンダーやパートナーとのアライアンス強化、プロジェクトのアサイン調整、採用活動、部の方針策定、部門間調整などが主な業務です。小規模のプロジェクトであればプロジェクト管理や開発をすることもあります。

マネジメントの難しい点ややりがいなどを教えてください。

人の体に例えるとわりやすいのですが、子供と大人では体調管理や生活習慣を変える必要があったり、一度ケガしたところはなかなか治らなかったり、ケガを放っておいたら他にも影響がでたり、といったことが組織にも同じく言えます。何か制度化したり仕組みを導入することですぐに良くなることはなく、問題と向き合い続ける必要があるのがマネジメントの難しい点だと思います。やりがいはチームで目標を達成したときの充実感ですね。

入社すると身につくALBERTならではのスキルなどはありますか?

たくさんありますが、まずなかなか実務では経験できない機械学習や負荷分散処理を様々なプロジェクトで扱えること、1つのプロダクトだけでなくプロジェクト単位でもそれらの設計や実装を行なえるのは非常に大きな経験になると思います。その他にも、AWSを中心としたクラウドサービスを活用し、プロジェクト単位でのアーキテクチャ設計を行なっていたり、Scalaでのパッケージ開発や、Pythonでの分析モデル実装などに携われるのも魅力だと思います。

今後ALBERTの技術力向上という点において考えていることなどを教えてください。

アーキテクチャ設計や技術選定を行なう段階では、当然リスクも考えますがメリットがある場合は新しいサービスや技術要素を率先して採用するようにしています。将来性を見越した技術調査なども業務の中で行なっており、プロジェクトチーム、セクション、社内全体など様々な単位での勉強会や情報共有会でフィードバックをしています。それによって、個人だけでなく組織として技術力が蓄積されること、また個人としても専門外の知識の習得ができることを実現したいと考えています。

どんな方と一緒に仕事がしたいですか?

開発、構築するシステムがビジネスに与える影響を意識できる方、それと主体的に問題解決できる方と働きたいですね。

ALBERTへ応募を考えている方へメッセージをお願いします。

ALBERTでは得られる技術や知識はたくさんあると思います。ただ、常に自分の目指すゴールが無いとそれらを活かして高いレベルの仕事をし続けるのは難しいと考えています。クライアントの課題も、売上向上、集客、需要予測、ひいては経営改善にいたるまで簡単に解決できるようなものは少なく、そこと向き合って成果を出すのは至難の業です。しかしゴールを意識し難しい課題に対して成果を出せたとき、他では得られない経験値やスキルが身につくことは間違いありません。そこに挑戦したいという気持ちがあればぜひ一度お話を聞かせてください。

Interview

PAGE
TOP