セミナー

初めて使う機械学習 <機械学習入門>

講座難易度

機械学習は、コンピューター上のプログラムがデータ群から反復的に学習し、その中から有用な規則性や判断基準を抽出する手法で、ビッグデータを取り扱う上で必須の技術とも言えます。
その特徴として、従来の手法に比べて一般的に高い予測精度が達成できることに加え、データの前処理の手間が軽減できる場合もあり、近年大きな注目を集めています。

本講座では、機械学習とはそもそもどういったものか、どういった場面で活用できるのかを踏まえた上で、代表的ないくつかの手法について理論の紹介とライブラリを利用した実践を行ないます。

紹介予定の手法:
・決定木およびランダムフォレスト
・ロジスティック回帰
・サポートベクターマシン(SVM)

講座の対象

○ 機械学習によるデータ分析の基本を理解したい方
○ R言語の機械学習ライブラリの使い方を習得したい方

下記の基礎知識を修得済の方
○ 平均・分散など基本的な統計学
○ 高校レベルの数学(ベクトル、三角関数、対数関数など)
○ R言語の基本的な操作

※本講座では受講者の方のPCを利用いたします。開講時にご連絡する所定のソフトウェアを事前にインストール・設定の上ご参加ください。

講座のゴール

○ 機械学習とはどのようなものかについて理解する
○ 機械学習による予測や分類が行える(R言語のパッケージを利用)

開催日時 2017年4月25日(火) 14:00~18:30 (休憩30分、質疑応答含む)
場 所 新宿野村ビルディング15F
株式会社ALBERT セミナールーム
(新宿区西新宿1-26-2)                   
(JR新宿駅/東京メトロ西新宿駅/都営大江戸線都庁前駅 )

アクセス

Google map

定 員 30名(定員になり次第、受付を終了いたします)
費 用 30,000円(税別)

※参加申し込み受付は終了いたしました。
たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました。