セミナー

クラスター分析入門 <顧客分類の手法>

講座難易度

顧客ニーズが多様化する今、顧客の嗜好を正しく理解しそれぞれのニーズに合ったメッセージを発信することは非常に重要です。 しかしながら多くの企業において、顧客をなかなか正しく分類できず大量の顧客に均一の情報発信をしてしまっているのが現状です。
「クラスター分析」は異なる性質のものが混ざり合った集団から、 互いに似た性質を持つものを集め、いくつかのグループに分ける分析手法です。 マーケティング領域における顧客分類にはこのクラスター分析が頻繁に利用されます。 特徴が似ている顧客を緻密にクラスタリングし、クラスターごとに的確な施策を講じることは、 消費者を理解し、より有用な情報を提供するためには必須とも言えます。
本講座では、顧客分類手法のひとつである「クラスター分析」をメインテーマに、 顧客分類の基礎について学びます。これまでクラスター分析を学習されたことがない方を対象に、 顧客行動の特徴量から顧客を分類する手法と、手法ごとのメリット・デメリットについてご説明します。

講座の対象

〇 クラスター・セグメント・グループの違いを理解したい方
〇 基本的なクラスター分析を知りたい方

下記の基礎知識を修得済の方
〇 平均・分散など基本的な統計学
〇 高校レベルの数学(ベクトル、三角関数、対数関数など)
〇 R言語の基本的な操作

※ 本講座では受講者の方のPCを利用いたします。
  開講時にご連絡する所定のソフトウェアを事前にインストール・設定の上ご参加ください。

講座のゴール

○ クラスターとは何かを理解する
○ 階層クラスター分析・非階層クラスター分析の手法を理解する
○ R言語を使って基本的なクラスター分析を行える

開催日時 2017年5月30日(火) 14:00~18:30 (休憩30分、質疑応答含む)
場 所 新宿野村ビルディング15F
株式会社ALBERT セミナールーム
(新宿区西新宿1-26-2)                   
(JR新宿駅/東京メトロ西新宿駅/都営大江戸線都庁前駅 )

アクセス

Google map

定 員 30名(申し込み多数の場合、抽選とさせていただきます。)
費 用 無料

※参加申し込み受付は終了いたしました。
たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました。